2017年メインで使っている、熱中症や日焼け対策におすすめのアイテム(服・帽子・小物・日焼け止め)

スポンサーリンク

Taka(@takapiece)です。

ちょっと怪しくてすんません。

 

アウトドアのイントラ業は、基本的に毎日がアウトドア生活なので

僕は一年中日焼けしています。

日焼けに関してはあまり気にしない方なんですが、年々紫外線の威力が増しているので、今年は日に焼けると痛くて痛くて・・・。

 

ついに完全対策するようになりました。

なので、これを機に

ハードなアウトドア遊びの日でも大丈夫になる!

夏の役立ちアイテムをご紹介したいと思います。

熱中症&日焼け対策におすすめのアイテム

僕は以前、熱中症で倒れたことがあります。

熱中症で死にかけたので、原因と対策と予防方法を調べました

それからは水分補給を心掛けたり、倒れるまで無理をしないようにしてきました。

とは言っても、あまりアイテムに頼ってなかったんですね。

今年UVカットのアイテムを使いだして、その威力に感心したのでご紹介したいと思います。

身に着けるものを選んだ時の基準は「速乾・UVカット」です。

熱中症&日焼け対策におすすめの帽子

mont-bell(モンベル) WIC.ライト ハット

素材はウイックロン

特徴は

速乾性と通気性

僕は汗かきなので帽子をかぶると、おでこのあたりに汗染みができます。

この帽子は乾く速度が速いので、気になりません。
光触媒効果

光に当たるとにおいの元を分解する粒子を繊維に練り込んでいます。

洗濯を繰り返しても消臭効果は衰えないそうです。

紫外線遮へい率90%以上

UVカット率90%以上なので、頭が熱くなりにくいですね。

熱中症&日焼け対策におすすめの上着

mont-bell(モンベル) クール パーカ

素材はウイックロンクール。

速乾性と通気性

僕は今まで夏はTシャツに短パンスタイルで、日差しが激しい時だけ腕や足にスリーブを付けて対応していました。

 

でも、上着の方が良いことにやっと気づきました。

このパーカーのいいところは 

1.通気性が良く圧迫感がないし、紫外線をカットするので暑くない。

・・・どころが着ていない時より涼しい。

2.速乾性と光触媒のおかげで、袖で汗を大量に拭いたりしてもすぐに乾くし臭くならない。

ついつい袖で汗を拭いてしまうんですけど、べたつかないし臭くない。驚き。

3.洗濯して脱水すれば干さなくてもすぐに着ることができる。

毎日洗濯してもすぐに乾くし、昨日は洗濯槽から出してすぐに着ました。

 

袖には親指を通す穴が開いていて、

手の甲までカバーする作りになっています。

 

熱中症&日焼け対策におすすめのネックガード

mont-bell(モンベル) WIC.クール ネックゲーター

素材はウイックロンクール。

UVカットの帽子をかぶってUVカットの上着を着ていても

一日中日差しの下にいると、「首が焼けてヒリヒリする。」

なんていうことがあります。

それを防いでくれます。

素材が上記のパーカーと同じで、すぐに乾くし臭くならないので一つで毎日使えます。

日焼け対策におすすめの日焼け止め

日焼け止めの商品って種類が多すぎて、何を買えばよくわからなくなります。

なので、僕の選んだポイントは「スプレー式で汗に強い」です。

ロート製薬 スキンアクア ウォーターマジックUV

サッと付けられるスプレー式日焼け止め

基本的に鏡の前で液体を手に取って・・・という時間はないので、サッと付けられるスプレー式で便利。

とにかく汗に強い

仕事柄とんでもなく汗をかきます。

昼間は3~4L の水分補給するので、さらっとしたタイプはあっという間にどこかに行ってしまいます。なので、しっかりとどまるタイプ。

多少汗をかいていてもそのまま使えるので便利です。 

 

さらっとしてべとつかない日焼け止めがいい人

ロート製薬 スキンアクア スーパーモイスチャージェル ポンプ

 

がオススメ。

春・秋はコレ使ってます。

どちらも SPF50+ PA++++ なので、日焼け止めとしては最高でしょう。

 

ただし、使い過ぎには気を付けましょうね。

 

あったらいいな・・・クールタオル

水につけて絞ればひんやり使えるタオルです。

 

怪しさ満点ですw

 

日頃からほとんど日よけのない場所で仕事をしていると、それだけで体力を消耗します。(ホントに消耗していってるのがわかります、足を踏ん張れなくなったりします)

そして、日焼けの度合いによって体調が左右されます。

 

やっぱり、装備を厳重にすると体が楽ですね~~~~。

日焼けって火傷ですもんね。

 

では、快適な夏をお過ごしください~。