読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO FLIGHT,NO LIFE

ノマドフライヤータカのライフログ。

ブラック企業の見分け方と特徴:就職する前に知ってほしいサイト

Taka(@takapiece)です。

僕は労働時間がブラックな飲食店で働いていたことがあります。

勤め先の近くの寮に単身赴任。

8時に働きに出て、帰ってくるのは夜中の3時~4時。

 

完全に立ち仕事の上休憩時間はないに等しく

通路にしゃがみこんでそそくさと食事を済ませたら

鬼のような忙しさが待っている日々。

 

慣れない職場でうまくいかない仕事

馬鹿にされ呆れられる毎日

ある日一人ぼっちの部屋で、急に大声で泣きだしてしまった。

嗚咽が止まらなかったのを覚えています。

 

 今回は特に社会経験が少ない若者向けに

僕のように不幸な状態にならないための

ブラック企業の見分け方をお伝えします。

ブラック企業の見分け方と特徴

ブラック企業の見分け方

 

ブラック企業診断書

  • 新規学卒社員の3年以内の離職率3割以上
  • 過労死・過労自殺を出している
  • 短期間で管理者になることを求めてくる
  • 残業代が固定されている
  • 求人広告や説明会の情報がコロコロ変わる

 

 ブラック企業対策プロジェクト

上記のような企業に要注意だと呼びかけている。

ブラック企業の特徴

また、ブラック企業とは

『ブラック企業』とは、利益のために新卒を使い潰す成長大企業です。若年層の鬱病・過労死・過労自殺は、これらの企業による「組織的な新卒の使い潰し」という新たな社会問題であることが明らかになっています。激しい選別に伴う集団的なハラスメントや残業代未払いの長時間労働に多くの若者が苦しめられ、将来を奪われているのです。
引用:Problem | ブラック企業対策プロジェクト

 とし、次のようなケースを例として挙げています。

 

  • 派遣・契約社員として働いているが、いつになっても正社員になれない
  • どんなに働いても、「営業手当」として3万円しか残業代が支払われない
  • 学校求人で応募したので安心していたが、きつ過ぎて働き続けられない 
  • 初めての介護の仕事なのに、仕事を教えてもらえない
  • 求人の内容と実態が違う 
  • せっかく正社員で就職したのにやめさせられそう
  • 仕事がきつすぎて辞めたいのに、やめさせてもらえない
  • 上司から「24時間365日死ぬまで働け」といわれる 
  • 「結婚したらクビだ」と言われる  
  • 社内にうつ病の人が多くて、自分もいつそうなるかと不安だ。  
  • 子会社に出向させられて、毎日自分の転職先を探す業務をさせられている
  • インターンと言われて、いつまでも無給・最賃以下で働かされている
引用:Problem | ブラック企業対策プロジェクト

 また、サイトには

「ブラック企業の見分け方~大学生向けガイド~」

「新学期用ブラックバイト啓発パンフレット」

「出社がつらいと思ったとき――会社をどう休む、病院でなんて言う」

なんていう、まじめな上司には

「ちょ、、おいおい。」

っていう冊子まであります。

 

このサイトに書かれていることがすべて正しいわけではありませんが

死ぬくらいなら、わらにすがってでも生きてください。

 

様々な情報が無料で掲載されているのでチェックしてみてほしいです。

ブラック企業で働いてしまう人の特徴

とはいうものの

何かを見たり聞いたりするだけでは現状は変わりません。

「知っていること」と「できること」は違います。

 転職先を急いで探している家族持ち

僕の場合は30歳で家族がいて

すぐに就職する必要があって、条件がどうのこうの言ってられなかったので

「何の資格もないけれど、とにかく稼げるところ」

ということで就職したけれど

今考えると、もっとたくさんの選択肢があったなぁと思います。

 

当時の僕のように金銭や時間に余裕の無い人は

ブラック企業に突っ込んでいって抜け出せなくなる代表格でしょう。

社会経験が全くない中卒・高卒・大卒の皆さん

初めての仕事先がブラック企業だった場合

「社会とは会社とはこのようなもの」

という間違った認識をさせられる

いわるゆる洗脳が簡単なのでブラック企業にはおいしい労働者です。

 

なので上記のサイトを一度見て知識を付けて

すぐにできることは行動を起こし

できないことがあれば、相談できる人を探しましょう。

 

 ブラック企業で働き続けてしまう一番の原因

きっと一番の原因は

情報はあふれかえっているけれど、相談できる人が居ないこと

だと思います。

 

いまどきGoogle先生やSiriさんに尋ねれば

たいていのことは調べてくれます

知識量や経験則の共有ということで考えれば過去最大に素晴らしい世界です

 

でも、だまされ続けて苦しみ続けてしまう。

 

結局、人は人とつながっていることが強さになるんですよ

それも、数ではなく深さ

SNSのつながりの多さが強さになるわけじゃない

一人でもいいから信頼できる人がいれば

その人は強い人なんだと思います。

ブラック企業で頑張り続けてる君へ

きっと君は

自分で何とかしなきゃ

とか

一人でなんとかできる

ということにとらわれてるんじゃないかな?

 

あのね

人間、

できることはできるし

できないことはできない

よ。

 

一生できないって話じゃなくて、現状ね。

 

知っていることとできることが違うように

こうすればいいという理想と

これしかできないっていう現実がある。

 

自分なりに精一杯やったんなら

あとは精一杯人に頼ったらいいと思う。

 

そのために人には

助け合おうっていう気持ちが

備わってるんだと思うよ。

 

いままで声をかけ辛かった人に声をかけてみよう。

きっと動き出すから。