NO FLIGHT,NO LIFE

もっと楽に、自分に優しく生きてみる

【無料アプリ】自分の持っているすべての音楽を管理するならGooglePlayMusicが最強なワケを話そう

スポンサーリンク

最近スマートスピーカーを手に入れて、音楽三昧中なので「GooglePlayMusic」の活用方法をご紹介します。

GooglePlayMusicの素晴らしいところは「定額制」の「音楽聴き放題サービス」

という部分ではありません。

僕の利用している音楽サービスは様々なんですが、GooglePlayMusicに集約することで超便利に楽しめるのでホントにオススメですよ。

GooglePlayMusic

昨今定額制の音楽聴き放題サービスは楽曲数は横並びで

だと思います。

でも、そんなことより重要な使い道がGooglePlayMusicにはあるんです。

最大5万曲までクラウド保存&ストリーミング再生できる

GooglePlayMusicの最大のウリは5万曲まで無料でクラウド保存ができて、それを自分の持っているあらゆる端末で聴くことができることです。

5万曲といえば、普通の人なら無制限とほぼ同意ですよね。

同じ曲を、同時に、違う端末で聴くこともできます。

これを無料でできるところがGooglePlayMusicの最強なワケです。

そして、「iTunes」や「Windows Media Player 」からの楽曲の取り込みが簡単なのが嬉しいところ。

音楽の場所として Windows Media Player または iTunes を選択した場合、ライブラリのプレイリストを指定してアップロードできます。
引用:Google Play Music Manager で音楽を追加する - Google Play Music ヘルプ

今まで何百・何千曲をiTunesや他の音楽プレイヤーで保存していても、全部まとめてGooglePlayMusicで聴くことができます!

僕のGooglePlayMusic活用術

現在の僕の音楽の楽しみ方

  1. Youtube音楽チャンネルやradikoで気になる音楽を見つける。
  2. YoutubeでPVを見たり、dヒッツでフル音源を聴く
  3. 気に入った音楽は購入するか、レンタルする。
  4. 音楽の取り込みはPCのiTunesで行う。
  5. 最終的にGooglePlayMusicにアップロードする。

これで僕の持っている

  • PC
  • スマホ
  • タブレット

iOSやAndroidに関わらず、全ての端末で同じ音楽が聴けます!

 

※radikoにつてはこちら 

www.takapiece.com

 

AmazonEchoのGooglePlayMusic活用術

先日僕はAmazonEchoを購入したので

www.takapiece.com

 自宅で音楽を聴くときは、もっぱらAmazonEchoを使っています。

PC用のステレオスピーカーもあるんですが、低音の響き方が全然違うのでもはや使うことはないでしょう。

2.5インチウーファーと0.6インチツイーターが、ちゃんと仕事してますね~♪

 

さて、僕が自宅で音楽を聴くパターンは

  • Youtube
  • radiko
  • dヒッツ
  • GooglePlayMusic
  • AmzonMusic

のどれかをPC・スマホ・タブレットで再生するんですけど、全部AmazonEchoにBluetooth接続して聴いています。

  • 「アレクサ、Bluetooth接続。」

で、登録している端末に接続できます。

 

「radiko」と「dヒッツ」と「AmzonMusic」はAmazonEchoのスキルにあるので、

  • 「アレクサ、radikoでFM802かけて」
  • 「アレクサ、dヒッツでRadwimpsかけて」
  • 「アレクサ、AmzonMusicでオススメかけて」

ってな感じで簡単に呼び出せますよ。

 

image by Alexa_Skills_List_1108.pdf

 

残念なのは、現在(2018年1月)GoogleとAmazonが仲が悪いこと。

おかげでYoutubeやGooglePlayMusicをAmazonEchoから呼び出せません。

まあ、普通にスピーカーとして使えるので問題ないんですけど。。。

 

早く仲直りして~~~。 

GooglePlayMusic豆知識

GooglePlayMusicはiPhone全盛期にAndroidが

iTunesに対抗する音楽プレイヤーとして誕生しました。

  • iPhone=iTunes
  • Android=GooglePlayMusic

というわけです。

iTunesストアで自作の楽曲を配信できるように、

GooglePlayMusicでもGoogle Music Artist Hubを使って自作の楽曲を配信できるんですよ。

アーティスト ハブを使用すると、オリジナルの楽曲を簡単に Google Play で販売できます。
引用:Google Play アーティスト ハブ

 

ところが、iPhone全盛期に流行るわけありません。

だって、

「iTunesあるやん」

ってなるから。

僕もそうでした。

 

時代は移り変わり

世界はAndroid色に染まりました。

Statistic: Global mobile OS market share in sales to end users from 1st quarter 2009 to 2nd quarter 2017 | Statista
Find more statistics at Statista

 

でも、日本はいまだにiPhoneが強い

Statistic: Market share held by smartphone operating systems in Japan from 2013 to 2017, by month | Statista
Find more statistics at Statista

そんな中

無料音楽配信サービスの波が日本にやってきて、やっとGooglePlayMusicが認知されてきたので、無料活用術を知らない人も多いんではないでしょうか?

 

 

よかったらお友達に教えてお下てくださいね~。