NO FLIGHT,NO LIFE

ノマドフライヤータカのライフログ。

【Windows10】ハードディスク(パーティション)を分割する方法

スポンサーリンク

こんにちは!

Taka(@takapiece)です。

 

先日格安でパソコンを購入し、初期設定中です。

 

DELLで購入したんですが、オプションに「パーティションの分割」というものがありました。

通常Cドライブのみのハードディスク(記憶装置)をいくつかのパーティションに分割するオプションですね。

要するにでっかい容器に仕切りをつけて、小さな容器に分けるってことです。

この分割は論理的に行われるもので、物理的に分割するわけではありません。アチョー!

 

この「ハードディスクの分割」はメーカーでお願いすると2~3,000円の費用が発生しますが、パソコン購入後自分で、しかも無料で分割することができますので、「自分でやってみよう」という方のご参考になれば。

 

 

 

パーティションの分割手順

スタートボタン上で右クリック

 

ディスクの管理を選択

すでにハードディスクはいくつかのパーティションに分割されていますが、OS(C:) のところ以外はシステムで使用するので、触らないでおきましょう。

まずはOS(C:) のところで右クリックして、ボリュームの縮小を選択。

今回は縮小の最小値にしてみました。

 

するとパーティションが分割され「未割り当て」というパーテーションができ上がります。

 

次に「未割割り当て」の上で右クリック。

新しいシンプルボリューム」を選択。

 

シンプルボリューム(一つのパーティションですね)の作成ウィザードが始まります。

 

今回は2分割にするので「ボリューム サイズの指定」は最大値で。

 

「パーティションのフォーマット」は「NTFS]でフォーマット。

 

新しいパーティションの名前は「Eドライブ」にしました。

 

はい、出来上がり。

これで、CドライブとEドライブにハードディスクを分割できました

超簡単です。

 

ハードディスクをなぜ分割するのか?

ハードディスクは一つの記憶装置なのですが、パーティションという箱に分けて整理することができます。

ぼくの場合は最初からある「Cドライブ」をWINDOWS OSが使う場所、「Eドライブ」は自分の倉庫、というような区切りで使っています。

そうすることで、ファイルやフォルダーを用途ごとに整理整頓しやすいんですね。

 

それから、OSというのはハードディスクの容量が少なくなると最悪動きが遅くなり、止まってしまうこともあります。

ハードディスクを分割しておけば、OSがあるドライブに余計なファイルが増えていかないので、管理しやすいですね。

なので、Cドライブには150~200㎇程度の余裕を持たせたいです。

 

最初からパーティションがCドライブDドライブのように分割されているPCでもCドライブしか使っていない人は多いのでは?

是非使い分けて快適に使っていただきたいですね。

 

 

ハードディスク分割には重要な役割があります

実はハードディスクの分割には整理整頓のほかにも重要な役割があって、OS の再インストールが気軽に?できるようになるというメリットがあります。

 

新しく買ったパソコンも年数が経つにつれてWindows の動作が遅くなったり動作がおかしくなったりします。

最終的にOS を再インストールして、リカバリする(買った時の状態に戻す)場合がありますが、そんな時パーティションを分けておくと、 OS が入っているパーティションのみリカバリすることができます。

 

つまり、倉庫に使っていたパーティーションは保護されるというわけです。

 

このようにハードディスクをパーティションで区切ると、ファイルやフォルダーの整理がしやすいというメリットの他にも、データの保護がしやすいというメリットがありますので、是非分割して使ってくださいね。

 

では。