NO FLIGHT,NO LIFE

もっと楽に、自分に優しく生きてみる

ネットで収入を考えたとき、なぜブログを始めるべきなのか?

スポンサーリンク

 

Taka(@takapiece)です。

この記事はこれからブログを使って情報発信をし、

収入を得ていきたい人向けのまとめシリーズです。

 

後々リアル・ネットにかかわらず、自分を表現することやサービスを提供することで生きていきたい人向けにも書いていきたいと思います。

 

なぜあなたはブログで収入を得ようと思い立ったのでしょう?

簡単そうだから?

みんなやってるから?

そもそも、ブログで収入を得るってどういうことなんでしょう?

 ブログの可能性とは自分の可能性

インターネットで収入を得ていこうと考えた場合、手段は様々です。

僕の場合は以前の記事に書いています。

40代の僕がネットで収入を得た方法7つ 

 

もし単純に「もう少し収入が欲しい」というのであれば、アルバイトをする方が確実に収入を手にできますし、オークションや転売の方が簡単です。

 

ブログメディアを持った方がいいワケ

僕がブログを始めた理由の一つは

「自分のメディアを持ちたい」

です。

それはつまり、会社の活動ではなくて自身の活動を軸に生きていきたいということです。

ブログは収入を得る手段というより、収入を生み出すものへの導線になるものだと思っています。

 

ブログはそもそも「weblog(ウェブ・ログ)=インターネット上の記録)なので

ブログは様々なWEBサービスの集約点になることができます。

会社のホームページと同じように、個人の情報発信の中心として機能させることができるということです。

 

WEBの世界は進歩が激しいので、日々新しいWEBサービスが次々に発表されてます。

これからさらに様々なサービスが登場し、個人が収入を得る選択肢が増えていくでしょう。

先日紹介した前田さんのサービスSHOWROOMもその一つですね。

「人生の勝算」前田裕二さん _ビジネス本としても、人生本としても秀逸でした 

 

これからもっともっと多くのWEBサービスが登場して、複数のサービスを利用したとしても、ブログがホームとして機能していれば自分の活動の方向性を見失わずに済みます。

ブログではなくSNSだけではダメなのか? 

ブログでできることの多くはSNSで簡単に代用できるんですが、基本的にSNSは閉じられた世界です。

分母の人数が多すぎて忘れがちですが、一つのSNSしか利用していない人にとっては別のSNSは別の世界です。どんな人がなにをしているのかわかりません。

 

その点ブログの場合、インターネット上に開かれているので、どんなに多くのクローズドな活動をしていたとしても、あなたのブログを見ればあなたの活動が誰にでもわかる・アピールできるというわけです。

まあ、インターネットもクローズドな世界なんですが。。。

 

あなたがこれからリアルでもインターネットでもなにかしら活動を始めようとする場合、ブログメディアを自分の活動拠点にしておけば、自分を必要としてくれる人との出会いをより多く作り出すことができます。

 

ブログと言えばアフィリエイトじゃないの?

 「ブログと言えばアフィリエイト」でしょ?

とだけ思っている人はもったいないです。

 

また、万が一アフィリエイトで独立しようなんて思っていると危険です。

それが自分に合っていれば、もしくはそれしかない状況ならいいと思いますけど。。

センスのない人は一銭も稼げないですし、文章を書くことがひたすら好きな人でなければただ苦しいだけです。

アフィリエイトにこだわるならブログなんて言ってないで、サーバーとドメインを用意してHtMLでSEOバリバリのサイト構築するか、SNSでガンガン集客して超高額の情報商材を売りまくるのが、お金のこと考えると最短だと思います。

 

それがやりたいことならもう最高です。

専業アフィリエイターの知人がいますし、情報販売者の知人もいます。

相当自由な生活をしていますし、素敵な人たちです。

  

でも、僕はどうしてもマネしたいと思わないんです。

つべこべ言わすに稼ぐのが一つの正解なんでしょうけど、気持ちが乗ってこないことはどうやっても続きません。

 

僕はブログを通じて自分の可能性を発掘していきたいと思います。

お金を稼ぎながら、自分探しできるなんて最高じゃないですか?

ブログを始めるってそういうことだと思うんですよ。

 

なので、日記でもいいので「自分を表現する場所」としてブログを書いておくと、自分でも気づかなかった自分に出会えたり可能性が広がったりするので、皆さんも是非ブログを書いてみてくださいね。

 

次回は具体的にブログを始めるには、どのブログサービスを選べばいいのか?です。