NO FLIGHT,NO LIFE

ノマドフライヤータカのライフログ。

自己啓発とか自己実現っていうと肩が凝るので、もっと「思いのままに生きる」ことにする

スポンサーリンク

最近50歳という節目を前に

改めて自分の生き方に向き合おうと決めた、Taka(@takapiece)です。

 

この記事は結構自己啓発系の本は読んでるけど

「なんだかうまくいかない」人向けです。

記事中の「思いのままに生きる」を入れかえれば、今自分が悩んでることの助けになるかもしれません。

自己啓発本とか読んだことない人は、自己啓発本のルーツと言われる

「原因」と「結果」の法則から読むといいかも。

 

自己啓発とか自己実現って言うと

主に仕事をうまくできるようになるとか

お金がザックザック儲かって成功者になる

的な話がメインなんですけど

もっと「思いのままに生きる」ってのを掲げます。

 

僕はどっちかっていうと

「一歩踏み出す勇気を常に持っている」とか

「考える前に行動する」だの

とは正反対の人間です。

 

何をするにもめっちゃ悩むし

いざ取り掛かるにしても、計画ばっかり立てて手が動かない人です。

 

でもだからこそ

「もっと思いのままに生きよう」

と思うし、意識しているとまーまー行動できるわけです。

 そして、これからはもっと自分に素直に生きようと思います

そのために必要なことは、

  • あり方を決める
  • 自分にとっていい感じを選ぶ

というプロセスです。

 

「思いのままに」生きるために決めること

人生は決めたとおりにしかならない。だからどうあるか決めるしかない

思いのままに生きたかったら

「もう、今から思いのままに生きる!それを選ぶ!」

と決めることが大前提になります

 

 

なぜなら

「人生には決めたとおりのことしか起こらない」からです。

 

でも、これは

世界で最も信じられないことの一つじゃないでしょうか?

だって、人生には思いもよらない素敵なことや、思ってみなかった不幸なことが実際にに起こりますよね。

 

なんでこんなことになるかと言えば

  • 「人生には決めた通りのことが起きる」と信じている人と
  • 「人生には思いもよらないことが起きる」と信じている人がいる

ということです。

 

よく「信じられない~」って言いますけど

人間は「なにも信じていない状態」にはなれません

「信じられない」ということは、逆のことを信じているだけです。

言葉を変えると

「そう、決めている」

ということです。

  • 「人生には決めた通りのことが起きる」と決めている
  • 「人生には思いもよらないことが起きる」と決めている

ですね。

 

とはいうものの

「人生には決めた通りのことが起きる」と信じている人が

「いや~。思いもよらなかったよ~。」

なんて言うことはちょいちょいあります。

 

それはそうです。

オリンピックレベルのイメージトレーニングでない限り

ゴールを決めている人はいるけど、途中経過まで決めている人はなかなかいません。

また、実際の映像を見るようにゴールを決めている人は稀です。

 

※余談ですが、オリンピックで金メダル取る人は

「口では何とでもいうけれど、自分が金メダル取ることをこれっぽっちも疑っていない」

そうです。

「もう、そこが全然ちがうわ」って聞きました

 

たいていは大まかなゴールとその時の感情が創造されることになるし

途中経過は車のナビで「最短コース」を選んでいるようなもんなので

「え!?こんなコース通るの」

ってなるわけです。

 

この時に

「いやいや、高速走ったほうが早いっしょ」

って道を外れると、人生に迷うって寸法です。

 

でも、決められない自分がいる

人生は単純で

「こうある」って決めて「そのための行動をする」

だけです。

ダイエットでいうと

「わたし、痩せる!」って決めて「食事制限したり、運動する」

だけです。

本当にこれだけですし、これ以外にないです。

でもね、なかなか痩せられないっすよ

 

なんで

何十万部もダイエット本が売れるんでしょうか?

結構お高いライザップが流行るんでしょうか?

結局

本当に「自分は痩せる」とは決めていないんですよ

「やせたいけど~」「きれいになりたいけど~」「かっこよくなりたいけど~」

でも・・・

 

なんで決められないかというと

「どうせ自分には無理」ということを信じているからです。

自分を信じなくてもすでに信じている。どれを選ぶかだけ

「自分を信じられないし、先のことになんて希望がもてない」

僕もどっちかってーと、こんなこと思う人です。

では、こう考えてみましょう。

 

「自分を信じることができない」

というものの、そう決めているのは自分自身。

例えば、何かに挑戦しようとして

「自分には絶対無理!」と考えたとします。

なにがあってもその考えが揺るがないということは

「自分には絶対無理!」というレッテルに自信があるということです。

ってことは

「自分には無理という判断に完全な自信がある」ってことです。

つまり自分の判断を完全に信頼している状態です。

ややこしいな。。。

 

そして、

やってもいないことは誰にも分らないはずなのに

「やったことがないけど、無理」とか

「前に失敗したから」と言って、練習したらできるようになる可能性を無視できるということは

誰にも分らないことを、完全に信じている状態です。

 

ってことはですよ、

人間は、ネガティブだろうがポジティブだろうが

  • 「自分の判断を完全に信じている」
  • 「誰にもわからない未来のことを信じている」

常にこういう状態なわけです。

 

だからネガティブなことだろうがポジティブなことだろうが

信じていることが創造されることになります。

常に、どの瞬間でも人間は自分のあり方を選んでいて

その通りに人生が進んでいることになります。

 

「自分はなにも選んでいない」

というのは幻想で

選び続けているから、こうして生きている

ということですね。

 

だったら、

迷ってる場合じゃないです

「思いのままに生きる」を選ばなければ

「自分に嘘をついて生きる」を選ぶことになるんですから

 

それでも迷うひとは「~ということにする」

自分が「こうありたい」と思うことを選ぶのに

何の迷いがあるんでしょう?

選択権は常に自分にあるというのに。

 

・・・と言われてもやっぱり・・・

ってなりませんか?

 

その原因は

親からさんざん「お前には無理」とか言われ続けたり

学校の先生から「それは難しい」と教育されたり

会社の先輩から「なにをしているんだ」とバカにされたり

世間の常識的に「それはおかしい」ことだったり

 

僕くらいの年代の人は特にですけど

長い年月をかけて強力なメンタルブロックが形成されています。

そして僕みたいに親に見放された過去がある場合はなおさらです。

「わたしは愛されている」「わたしは信用されている」

という感覚を持っているのと持っていないのでは

ポジティブなことを選べる強さが変わってきます。

 

そんな僕らに効果的なのは

「~ということにする」

です。

とりあえず、信じられなくてもいいから

「うまくいく、ことにする」

 

さらにネガティブ思考が強い人は

「どうせ~」

を使いましょう。

「どうせ、うまくいく」

と自分に向かって言い続けると気持ちが楽になってきます。

 

人間の活動全てにおいて言えることですが

リラックスした状態から行動するほうが、なんでもうまくいきます。

その状態を作り出してくれます

「人生に奇跡が起きる魔法の言葉」

 

 「人生に奇跡が起きる魔法の言葉」の18ページに

「~ということにする」という言葉が出てきます。

人生に奇跡を起こすには、生きる前提を整えればいいのですが

その前提をポジティブに変えてしまう言葉です。

「思いのままに生きる」ことを選ぶ

ということで

思いのままに生きるには

  • 「思いのままに生きる」と決める
  • 「思いのままに生きる」ことを選び続ける

ということです

選び続ける基準は

「自分にとって心地いいか」

です。

 

この時注意したいのは

「心地いい」ことって、別に

「楽なこと」とか「しんどくないこと」

ではないところ。

 

舗装された道ばかりじゃなくて、荒れた道や脇道が

結果的に楽しくて最短の道だったりするんですよね。

 

まあ、あんまりガチガチに考えずに緩~くいきます。

一緒に楽しんでいきましょう!