読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO FLIGHT,NO LIFE

ノマドフライヤータカのライフログ。

【ブログ恋愛論】ブログを書くだけで?恋愛スキルが上がる3パターン。

 

こんにちは!

今日からスッキリ! タカさん(@takapiece)です。

 

ぼくは以前から沢山ブログやサイトを開設してきました。

あっちこっちに残骸が残っているので、とっても恥ずかしい状態です。

(〃▽〃)エヘ

 

そんなトライ&エラーを繰り返す日々の中で、あることに気付きました。

「ブログを書くって・・・恋愛模様じゃね?」

 

 

ブログは果たして恋愛模様なのか?検証してみましょう

みなさんブログや日記を書いていて、こんなことはありませんでしたか?

最初のうちはブログを書くネタが沢山あって楽しいんですが、だんだんネタも尽きて楽しくなくなって、最後には自然消滅

・・・う~ん、なんだかノリで付き合い始めたカップルみたいな表現になりましたね。

 

もう少し表現を変えてみましょう。

 

楽しいだろうなっ♪ってブログを開設したものの、記事を数回書いたらだんだん面倒になって、それでも頑張って記事をかいてたんだけど書く回数が減ってきて、結局書くのをやめてしまう。ブログの運営会社から届くメールすら鬱陶しい

 

う~ん、・・・やっぱりカップルの破局模様の解説だなこりゃ。

 

恋心はやがて憎悪になる、のブログ的プロセス

最初は書くのが楽しかったけど、だんだん書くのが嫌になってきたのに無理やりブログを続けていると、ストレスがたまり続けて時間がたつにつれてイライラの矛先がブログや読者、さらには全く関係ない周りの人たちに及んできます。

「なんだよこんなに一生懸命書いてるのに、なんの反応もないよ」

「おれは頑張ってるのにお前らはなんだ!へらへらすんな!」

と、むやみやたらに当たり散らして大変迷惑な状態になるでしょう。

 

 

このように、もはや「ブログを書く」は「恋愛中」と同義語と言ってよいでしょう。

 

君は「なぜブログを書くのか?」真剣に考えたことはあるか?

なんとなく楽しいから。

日々の記録のため。

儲かるって聞いたから。

友達が書いてるから。

 

理由はなんでもいいんだけど、自分がココロの底から納得していないとなにかあったときに嫌になります。

 

なんとなく書くのが途絶えた時

マンネリ化してきた時

儲からない時

友達がやめちゃった時

 

ブログを書く理由が自分の中から出てきたものじゃない時は、やっぱり周りの影響でやめることになります。

 

今こそ考える時、なぜブログを書くのか?

なんとなくや、打算でブログを書こうとするとただしんどいだけです。

そういうブログはやめるべしです。

 

結局素直な気持ちで、好きなことを好きなように表現するとブログが続きます。

一つ一つ丁寧に、かと言ってダラダラと書いていない記事が評価されます。

キーワードが重要なのは無論の事です。

ですがgoogleの評価を気にするあまり、無機質な文章になるのは本末転倒です。

結局ブログには読者を気に掛ける愛情が必要なんです。

 

自分がなぜブログを書いているのか、真剣に考えて自分の中から答えが出た時、周りに左右されずに自分の意志で行動できるようになります。

「書くのが好きだから、続けたい」かもしれないし、

「やっぱりやめとこう、向いてないや。」

とキッパリ言える自分に出会えるかもしれません。

 

どちらの道を歩むにせよ、ブログに真剣に向き合い自分の中から答えを見つけ出したあなたは、もう流される日々にストップをかけられない可憐な乙女ではありません。ジャンヌダルクのように自分の人生を先頭を切って切り開く英雄になっていることでしょう。

 

まとめ

以上のように、真剣にブログを書いていると

1.自分と向き合うことによって素直な自分を表現できるようになります。

2.読者のみなさんを本当に愛する気持ちが芽生えます。

3.自分の意志で人生をコントロールできるようになります。

 

まっこと、良いことだらけじゃの~。

 

おしまい♪

 

 

 

ブログを恋愛翻訳してみる

じゃあ、最後に「Google恋愛翻訳」がリリースされた!!

と、いう気分で翻訳してみます。

 

 

ぼくは以前から沢山恋愛をしてきました。

あっちこっちに残骸が残っているので、とっても恥ずかしい状態です。

(〃▽〃)エヘ 

 

・・・ちょっと待って、

なんか翻訳すると、とんでもない事口走ってるー!

( ̄□ ̄;)まぢかーー!!

 ・・・やめよかな

 

そんなトライ&エラーを繰り返す日々の中で、あることに気付きました。

「恋愛厨って・・・恋愛模様じゃね?」

 ・・・オイオイ翻訳違ってんぞ・・

恋愛厨は果たして恋愛模様なのか?検証してみましょう

みなさん恋愛厨日記を書いていて、こんなことはありませんでしたか?

最初のうちは恋愛厨デートネタが沢山あって楽しいんですが、だんだんネタも尽きて楽しくなくなって、最後には自然消滅

・・・う~ん、なんだかノリで付き合い始めたカップルみたいな表現になりましたね。

 

もう少し表現を変えてみましょう。

 

楽しいだろうなっ♪って恋愛開始したものの、デートを数回重ねたらだんだん面倒になって、それでも頑張ってデートしてたんだけど会う回数が減ってきて、結局会うのをやめてしまう。彼から届くメールすら鬱陶しい

 

う~ん、・・・やっぱりカップルの破局模様の解説だなこりゃ。

 

恋心はやがて憎悪になる、の恋愛厨的プロセス

最初は会うのが楽しかったけど、だんだん会うのが嫌になってきたのに無理やりデートを続けていると、ストレスがたまり続けて時間がたつにつれてイライラの矛先が彼氏や彼女、さらには全く関係ない周りの人たちに及んできます。

「なんだよこんなに一生懸命貢いでるのに、なんの反応もないよ」

「おれは頑張ってるのにお前らはなんだ!リア充すんな!」

と、むやみやたらに当たり散らして大変迷惑な状態になるでしょう。

 

 

このように、もはや「恋愛厨」は「恋愛する」と同義語と言ってよいでしょう。

 

言い切ったね!キッパリ言い切ったね!

間違ってるけどなっ!

 

君は「なぜ恋愛厨なのか?」真剣に考えたことはあるか?

なんとなく楽しいから。

日々のデートのため。

○○に○○○って聞いたから。

友達が付き合ってるから。

 

理由はなんでもいいんだけど、自分がココロの底から納得していないとなにかあったときに嫌になります。

 

なんとなく会うのが途絶えた時

マンネリ化してきた時

○○○い時

友達が破局した時

 

恋愛厨の理由が自分の中から出てきたものじゃない時は、やっぱり周りの影響でやめることになります。

 

伏せ字w○○多いw

そうだね、STOP!恋愛厨。翻訳もSTOP!

 

今こそ考える時、なぜ恋愛厨なのか?

なんとなくや、打算で恋心を貫こうとするとただしんどいだけです。

そういう恋愛はやめるべしです。

 

結局素直な気持ちで、好きなひとを好きなように○○すると恋愛厨が続きます。

一つ一つ丁寧に、かと言ってダラダラと会っていないデートが評価されます。

ほめ言葉が重要なのは無論の事です。

ですが彼氏・彼女の評価を気にするあまり、無機質なセリフになるのは本末転倒です。

結局恋愛には相手を気に掛ける愛情が必要なんです。

 

自分がな恋愛しているのか、真剣に考えて自分の中から答えが出た時、周りに左右されずに自分の意志で行動できるようになります。

「会うのが好きだから、恋愛を続けたい」かもしれないし、

「やっぱりやめとこう、性格の不一致だわ。」

とキッパリ言える自分に出会えるかもしれません。

 

どちらの道を歩むにせよ、恋愛に真剣に向き合い自分の中から答えを見つけ出したあなたは、もう流される日々にストップをかけられない可憐な乙女ではありません。ラ・セーヌの星のように自分の人生を先頭を切って切り開く英雄になっていることでしょう。

 

まとめ

以上のように、真剣に恋愛していると

1.自分と向き合うことによって素直な自分を表現できるようになります。

2.相手を本当に愛する気持ちが芽生えます。

3.自分の意志で恋愛をコントロールできるようになります。

 

まっこと、良いことだらけじゃの~。

 

 

オシマイ(-_-;)

 

 

 なんで、人物がフィクション変換されてんの?

 

てか「オシマイ(-_-;)」って、

人生オワタ」みたいに翻訳すんなよ!

 

結論:STOP!Google恋愛翻訳