NO FLIGHT,NO LIFE

パラグライダー・ライフハック・筋トレ・などなど。

【iPhone】無料のパスワード管理アプリMiniKeepassの使い方。手持ちのデバイス全てに連携できる!

スポンサーリンク

パスワード管理って、面倒ですよね。

ってか、管理不可能ですよね。(*´∀`*)タハッ

できれば1つのパスワードを使い回したいけど、

「パスワードの使いまわしは危険です」

って言われたら・・・

気付けば

「パスワード作りすぎて、過去のパスワードはわすれました。。。」

ってな状態です。

それをスッキリ解決できるiPhoneアプリがMiniKeepassです!

MiniKeepass_無料パスワード管理アプリ

僕が今パスワード管理に使っているのはMiniKeepass。

MiniKeePass
MiniKeePass
無料
posted with アプリーチ

 なぜこのアプリにしたのかというと

  1. 無料で使える
  2. 手持ちのデバイス全てに連携出来る
  3. タッチIDに対応している

というところです。

1つずつ説明しましょう!

1.MiniKeepassは無料で使える

いいアプリなら有料でも構わないんですけど、無料で必要十分な機能のものがあればいいですよねぇ(*´▽`*)

他にも沢山いいアプリがあるんですけど、他のデバイスと連携ができなかったり、タッチIDに対応してなかったりしたのでMiniKeepassにしました。

有料なら1Passwordがいいかな〜と思います。

1Password
1Password
開発元:AgileBits Inc.
無料
posted with アプリーチ

2.MiniKeepassは手持ちのデバイス全てに連携出来る

僕はパスワード管理アプリやソフトを

  • WindowsPC
  • Android携帯
  • Androidタブレット
  • iPhone

にインストールしています。

MiniKeepassのパスワードは

  • Windowsと同期したい場合はKeepass
  • Macと同期したい場合はKeepassX
  • Androidと同期したい場合はKeepass2Android

というソフトを使って、全てのデバイスで同期できます。

パソコンやスマホ、どれでも簡単にパスワード入力できるのでストレスが減りますよ~。

 

有料のパスワード管理アプリは基本的にクラウド対応なので、各種デバイス間での同期機能は普通になっています。

無料のパスワード管理アプリでも

  • WindowsとAndroid
  • MacとiPhone

の同期は簡単じゃないでしょうか?

でも、

  • iPhoneとandroid
  • iPhoneとWindows

となってくると、見つけるのがなかなかしんどい。。。

mini keepassはそれを解決してくれます。

3.MiniKeepassはタッチIDに対応している

これは大きい(^^♪

パスワード見るのにいちいちパスワード入れるなんて面倒。

一度設定しておけば、簡単にタッチIDが使えます。

MiniKeepassの使い方

新しいデータベースを作成する

「データベース」の中にパスワードを保管していきます。

「データベース」を作成する時のマスターパスワード変更が効かない上に、忘れるとパスワードが見られなくなります。慎重に決めましょう。

パスワードを入力していく

データベースを作成したら、そこにパスワードを入力していきます。

最初からいくつかのグループが作成されているので、それを利用してもいいし、全部消してから自分の好きなグループを作ってもOK。

例として、eMailグループの中にパスワードを入れてみます。

使い方は、ユーザー名やパスワードをクリックすると、クリップボードにコピーされるので、使いたいところに張り付ける(ペースト)だけです。

1.題名

パスワードにわかりやすい名前を付けます。

2.ユーザー名

ユーザー名やIDを入力します。

3.パスワード

パスワードを入れます。

4.URL

URLを入れておくとワンクリックでブラウザを開いて、簡単にIDやパスワードを入力できます。

1.ユーザー名入力ボタン

2.パスワード入力ボタン

5.コメント

説明が欲しい時は入力しておきます。

MiniKeepassの設定

設定ボタンで設定画面を開きます。

1.PIN PROTECTION

PIN Enabled

MiniKeepassアプリにパスワードのロックをかけます。

Lock Timeout

アプリを閉じた後何秒でロックをかけるか設定できます。

immediatelyですぐにロックがかかります。

2.TOUCH ID

Enabled

タッチIDを使うかどうか・・・僕は使います!

3.DELETE ALL DATA ON PIN FAILURE

Enabled

データベースを開くパスワードの入力に失敗したら、データを消す設定です。

Attempts

何回失敗したら消すか設定できます。

なんだか自分が怖くて設定できません。

4.CLOSE DATABASE ON TIMEOUT

Close Enabled

時間の経過でデータベースを閉じます。

うっかりパスワード開きっぱなしってのを防いでくれます。

Close Timeout

データベースを閉じるまでの時間を設定できます。

5.REMEMBER DATABASE PASSWORDS

Enabled

データベースのパスワード入力をキャンセルできます。

マスターパスワード(アプリを開くパスワード)にタッチIDを使えば、アプリを開いてデータベースを選べばすぐにパスワードを見ることができます。

6.HIDE PASSWORDS

パスワードの表示画面でパスワードを●●●●と隠して表示する設定です。

7.SORTING

Enabled

作成したグループやパスワードを名前順で並べてくれます。

8.SERCHING

Search Tittle only

パスワードを検索する時にタイトルのみで検索するようにできます。

9.PASSWORD ENCODING

Encoding

文字の変換方式を変更できます。そのままでOKです。

10.CLEAR CLIPBORD ON TIMEOUT

Enabled

コピペしたパスワードを一定の時間で削除してくれます。

コピーしっぱなしだと危ないですからねぇ。

Clear Timeout

コピーを消すまでの時間を設定できます。

11.ICLOUD/ITUNES BACKUP

Exclude from backup

データベースのバックアップ先をiCloudに設定できます。

Macのパソコンと同期するならONにすると便利。

12.WEB BROWSER

Integrated

登録したURLをSafariブラウザーで開くことができます。

MiniKeepassを同期する

さて、データの同期ですが色々なパターンがありますが、基本的には

アプリやソフトで作ったファイルをクラウドにアップロードして、別の端末のアプリで読み込む。

これだけです。

OS別アプリ

WindowsならKeepass

KeePass Password Safe

MacならKeepassX

KeePassX

AndroidならKeepass2Android

Keepass2Android Password Safe
Keepass2Android Password Safe
無料
posted with アプリーチ

iPhoneならMinikeepass

MiniKeePass
MiniKeePass
無料
posted with アプリーチ

クラウドサービス

アプリの存在するクラウドサービスなら何でもあり。

Dropbox

Dropbox
Dropbox
開発元:Dropbox
無料
posted with アプリーチ

GoogleDrive

Google ドライブ
Google ドライブ
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

OneDrive

Microsoft OneDrive
Microsoft OneDrive
無料
posted with アプリーチ

などなど・・・

残念ながらiCloudはAndroidアプリが無いんですよね~。

MiniKeepassで同期する時の注意点

アプリやソフトで作ったファイルをクラウドにアップロードして、別の端末のアプリで読み込むだけ。

アップロードは簡単

1.シェアボタンを押す

2.クラウドアプリを選ぶ

3.アップロードする

なんですけど、ダウンロードが・・・

MiniKeepassからはクラウドのデータが開けません。

 

どうするかというと

1.クラウドアプリを開いて、データベースを選ぶ

2.Minikeepassにコピーする

これでOK。

※自動で同期はしないので、変更があったら開きなおす必要があります。

僕は大体パソコンで修正してMiniKeepassで開いています。

 

ちなみに、Keepass2Androidは

アプリから様々なクラウドストレージにアクセスできます。

もちろん自動同期です。

 

さあ、これでパスワード管理に悩むことは無くなりますね~。