NO FLIGHT,NO LIFE

もっと楽に、自分に優しく生きてみる

「原付の廃車手続きは自分ですると無料なの?」原付の登録手続きと自賠責保険の引継ぎも行ってきました。

スポンサーリンク

Taka(@takapiece)です。

先日、朝の通勤途中で突然原付が動かなくなりました。

数日前から様子がおかしかったので「ついにきたか~~~~(>_<)」と叫んじゃいました。

車種はホンダのトゥデイ。もうかれこれ15年ほど世話になったバイクです。

バイク屋に聞いてみると修理費は5~6万円。

中古で原付が買える値段です。。。どうしよう。

 

そこで会社の先輩が不動車だけど直せば「動くと思う」リトルカブを譲ってくれることになり、近所のバイク屋さんに運び込みました。

すると修理費は2万円程度。直すことに決定!

 

その後の廃車手続きや登録手続き。

自賠責保険の引継ぎの手続きをどうしたか書き残しておきます。

原付の廃車・登録・保険手続きは簡単に自分でできます。

バイク屋のおっちゃん曰く

「僕が手続きいってもええけど、5,000円手数料でもらうよ~」

ということなので、原付の廃車・登録・保険の継続手続きを自分でやってみることにしました。

もちろん全部任せてしまえば楽ちんなんですけど、休みだし、面白そうだし、市役所にGO!

原付の廃車・登録手続き

バイクの登録や廃車の手続きは市町村役場か陸運局で行います。

和歌山の場合は和歌山市役所でOK。

 

譲ってもらったバイクの登録手続き

  • 譲ってもらうバイクの廃車申告受付書
  • 免許証
  • 印鑑

※写真:廃車申告受付書

これを持って行って、標識交付申請書に記入して提出すれば

  • 標識交付証明書
  • ナンバープレート

 

がもらえます。

  • ご当地ナンバープレート
  • 普通のナンバープレート

が選べたので、ご当地ナンバープレートにしてみました。

雲の形しててかわゆい。

 

掛かった費用は0円です。

 

そうなんです、ナンバープレートって無料なんです。

なんだか嬉しいな~。

壊れてしまったバイクの廃車手続き

  • バイクから外したナンバープレート
  • 印鑑

を持って行き、廃車申告書に記入すれば

  • 廃車申告受付書(自賠責解除用)
  • 標識返納届出済証(納税義務者用)

※写真:標識返納届出済証

がもらえます。

掛かった費用は0円です。

バイクの廃車・登録に掛かった時間は10分くらい。

自賠責の引継ぎ手続き

前のバイクの自賠責保険が3年分残っているので、もらったバイクに引き継ぐことにしました。

僕の場合は三井住友海上火災保険なので、和歌山ならココ

 

保険屋さんに

  • 廃車申告受付書(自賠責解除用)
  • 印鑑

※写真:廃車申告受付書

を持っていくと自働車損害賠償責任保険証明書(再交付)がもらえます。

費用は0円。

再交付にかかった時間は10分くらい。

 

トータルの費用0円。

トータルの時間は移動時間を除けば20分。

これで5,000円節約できるなら、行くべし。

修理完了のリトルカブに乗る

ピッカピカのナンバープレートを持ってバイク屋さんにバイクを引き取りに行きました。

引き取ってすぐのリトルカブは、蜘蛛の巣だらけで、シートはひび割れて、ウインカーはバッキバキに割れて、バックミラーも片方バキバキ。

・・・だったのですが、なんとか動くようになっていました。

 ※写真はシートカバーを付けています。

まあ、言っても製造から20年ほど経っているはずなので

「数年乗れたら上等!」

なんておもっていました。

 

ところが、乗ってみたら 

「意外とよく走る!」

自働遠心式クラッチで3速のギアチェンジできるので、上が良く伸びる。

トゥデイは80㎏前後の人間が乗ると〇5㎞くらいが限界でしたが、余裕で〇0㎞超えてくる。

トルクに余裕があるのでギア比を少し変えれば70~80㎞出るんだろうな~。

なんて思いつつ・・・「安全第一」と思うのがイントラ稼業の性なのでした~。