NO FLIGHT,NO LIFE

もっと楽に、自分に優しく生きてみる

介護職の転職理由は強烈!転職率は高くて当然だと思うワケ

スポンサーリンク

Taka(@takapiece)です。

僕の妻は介護職です。

 

毎日傷だらけです

「一昨日は~さんに殴られた」

「昨日は~さんに掻きつかれた」

「今日は~さんに噛みつかれた」

 

そして無法地帯です

「~さんいつもおっぱい鷲掴みにしてきて痛い」

「~さん毎回おしり触りに来る」

 

妻は

「しかたないやん、痴呆はいってるから」

「しょうがないやん、もうおじいちゃんやし」

と、言いますが

僕だったら耐えられずにすぐにやめてしまうか、イヤイヤ働いていることでしょう。

 

介護職は転職率高い

妻の話聞いてると毎月のように人が辞めていっています。

 

それでいて、補充が全然。

当然、業務が行き詰まる

人が辞める

 

負のスパイラルです。

介護レベルMAXの職場

介護施設には各々レベルがあって、介護レベルによって受け入れられる人が制限されます。

一般的な介護施設はあまりにも介護度が高い(介護が困難)な人は受け入れません。

でも、妻の働く職場は周りの介護施設が受け付けられない人も受け入れています。

そんな現場では規則通りのオペレーションだと、介護される側もする側も消耗しているように感じます。

現場と規則のズレ

イロイロありますがそのうちの一つ。

僕は傷だらけの妻のはなしを聞きながら「どうなの?」と思ったのは拘束具のことです。

拘束具と書くと仰々しいですが、要は暴れる人を押さえて置いたりベッドから勝手に起き上がって落ちる人をつなぎとめる道具です。

 

病院では普通に使われています。

治療に支障が出たら困りますからね、当然。

 

介護施設には、たまに役所の人が巡回に来て規則違反がないか見回るそうなんですが、その時に聞いてみたそうです。

「本人さんが危険になりそうなときや、介護に支障が出るときは拘束具を使用できないですか?」と。

「ダメです。」

 

そう、介護施設では使用禁止です。

まあ、悪用する人居そうなので(必要ない時も使う)わかる気もしますが、

「現場を知らん人が規則を作ってるんだろうな~」感が多々あります。

別に拘束具使えるようにしろとは思わないですが、

  • 利用者さんや介護者を守る代替え案がない
  • 従事者が考えようにも業務に忙殺されている
  • 予算がない
  • 人手もない

こんな感じです。

全ての介護職がそうではないですが、一部の介護現場は恐ろしいところです。

それでも「転職」なのは介護職が好きだと言える人がいるから

  • 毎日傷だらけで
  • サービス残業が当たり前で
  • 人手が全く足りていなくて
  • 休みが取れない

こんな状況でも妻は、お年寄りがかわいいと言います。

お世話するのは嫌ではないと言います。

ほっておけないと言います。

 

全く頭が上がりません。

 

全国には妻のような人も多いと思います。

でも、たぶんとんでもない労働環境にさらされているのだと思います。

 

もったいない。

環境が整えば、もっと利用者・介護者共に幸せになれるのに・・。

組織はなんだかんだとトップ次第

僕は介護はムリなので、事務作業のお手伝いやアイデア出しをたまにしています。

www.takapiece.com

これはそんな経緯で作ったものです。

他にも

  • 日報なんてスマホかタブレット入力でいいやん
  • 利用者さんの記録もアプリでいいやん、というかすぐに検索出来やんかったら活用できへんやん。
  • なんで事務にそんな人出いるの?その分介護員増やそうよ。
  • なんでそんなとこに予算使うの?もっと・・・

と、きりがないくらい改善できるところ満載です。

 

でも、組織はトップ次第。

利益追求型の組織でなければなおさら。

というわけで、介護職の転職率は高くて当然だと思うのでした。