NO FLIGHT,NO LIFE

もっと楽に、自分に優しく生きてみる

自分らしさってなんだ?

スポンサーリンク

僕はあんまり賢くないから、ブログを書くときに「誰かの役に立つことを書かなきゃ」って思うと手が止まって、気が付いたら1週間くらい過ぎてたりします。

 

朝から机に座って、気づいたら昼過ぎ。

そして夕方。

「らしくないなぁ~~~~~」

って思いました。

自分らしさって何だろう?

スポーツでも勉強でもあんまり気負いすぎるとうまくいかないですよね?

今僕はそんな感じ。

ずっとインプットばっかしててアウトプットできずにいる。

ついでに体動かすのもさぼりまくってるし。。。

凄い女性が2人出ているTV見て「とりあえず体うごかそう」と思いました。

 

www.takapiece.com

 人の目を気にしすぎると動けなくなる

上の記事で書いた岡部友さんなんですけど、ホントにもう「ストイックの権化」。

暇さえあれば運動する、なんつーレベルではありません。

とにかく朝から晩まで周りの目なんかまったく無視して、ずっと体に負荷を与え続けていています。

根性とかスタミナっていう言葉が軽く感じるほど。

 

朝、出勤してカバンを置いたらまずこいつに乗っかります。 痛いから後にしようかなと一瞬でも思ったらもう乗れませんw なので迷うことなく乗っかります。 一人S&Mは朝から始まります。 こんな時、聞いてるのは実はバラード。 すっごいハードなトレーニングやる時、私、実はバラード聞いてるの。 盛り上がる音楽と私の組み合わせはとっても危険。 ノリノリの音楽は私、怪我をしますw ゆっくりくらいの音楽が私とちょうど合うんです。 ハードなトレーニングにスローな音楽がトレーニングのバランスがちょうど良くなる。 周りの音が聞こえなくなるこのヘッドホンは朝の一人S&Mにぴったりだ!! #monster #isport #wireless #headphones #hipthrust #spiceupfitness #ヒップアップ #ヒップスラスト #hiptrainng #fitness #fitnesmodel #fitnessmotivation

Tomo Okabeさん(@tomo_fitness)がシェアした投稿 -

 

岡部さんは常人の常識の範囲内ではおかしなくらいのストイックさなんですが、自分のやりたいことにまっすぐなその姿勢に惹かれます。

 

・・・ストイックさの加減は置いといて、ね。

 

そうやって岡部さんは周りの人に受け入れられ、美尻のカリスマになっています。

人の目って言うけど、実は自分の目と声

僕はあんまり周りの事気にしない風に思われてますが実はめっちゃ気にする方で、何かやりたいことがあっても人の目を気にして我慢したりします。

 

でも、よく考えてみると

人の目って自分の目のことで、

人の声って自分の心の中の声なんです。

 

まだ何も起こってないけど

誰かに何か言われるような気がする

誰かに何か思われるような気がする

 

悩みって、目の前の出来事からは生まれないんです。

過去の記憶と未来の想像から生まれます。

それが人間です。

 

あなたもそうですか?

でも、大丈夫。

 

何かやりたいことがあって、でも人の目が気になるときは一旦それを受け入れます。

「あ~、めっちゃはずかしいなぁ~」

「こんなん絶対にこわいやん」

自分がはずかしがってるな~、こわがってるな~、って自分のことを見ます。

一旦するしないは置いときます。

「あ~、はずかしいけど、めっちゃやりたいしな~」

「こわいけど、もう2度とチャンスないかもしれんしな~」

と、やりたいことのことを考えます。

「まあ、はずかしいだけで死なんしな」

「こわいけど、死ぬことはないやろ」

最後は自分を説得します。

 

ダメ押しに超でかい声出せたら最高。

精神的には高揚するし、深い息をするので生理的には体がリラックスします。

恥ずかしい時や怖い時はこの逆なんだよね。

縮こまって、固まっている。

 

ホントにホントのやりたいことの時だけ使うんじゃなくて、どうでもいいことからバンバン使うことが肝心。

そしたらそれが当たり前になってくるから。

 

生活のすべて、人生のすべてがそうなったとき

僕らは自分らしく生きてるって言えるんじゃないかな。

 

 

まあ

「何でもかんでもやりたいこと全部やらなきゃ」

なんて思わなくていいと思います。

 

「どうにも苦手なんだよな~~」

ってのも「らしさ」なんじゃないですか?