NO FLIGHT,NO LIFE

好きなことで生きていく

ブログを収入源として考えた場合の、おすすめブログサービス!

スポンサーリンク

 

Taka(@takapiece)です。

 

ネットで活動していこうと思ったとき、特に収入につなげていきたいと考えた時

「どこのサービスを使えばいいんだろう?」ってなると思います。

 

ただなんとなく日記を付けたいならどこでもいいんですよね。

いつも見ているサービスを使えばいいんだから(Amebloとか)

  • ブログでお店の集客をしたい
  • ブログで自分のサービスを紹介したい
  • ブログでお小遣い稼ぎしたい

の場合だったらSNSでいいですよね。

 

じゃあなんで迷うのか?

アフィリエイトのこと考えるから迷うんじゃないでしょうか?

そこで、僕が今のブログサービスを使い始めた考え方を公開します。

ブログサービスをどう使いたいか?

前の記事にも書きましたが、

ネットで収入を考えたとき、なぜブログを始めるべきなのか?

僕はブログを「自分メディア」「活動のハブ(拠点)」として考えています。

ブログ単体で収入をどうにかできる人は天才だけと思ってます。

凡人の戦略としては、リアル・オンラインの様々な活動を集約したり、告知する場所を確保しつつ、自分を知ってもらうことで収益につなげていきたいです。

独自サーバーかレンタルブログか?

今の流行りでいうと

インストール型ワードプレスか他のブログサービスか?ということですね。

運営費用としては同じようなものなので、僕は手間の少ないほうがいいです。

ワードプレス

独自ドメイン・独自サーバーで自由に運営できる。

内容も見た目も自由に変えられるが、メンテナンスが面倒。

レンタルブログサービス

独自ドメインで運用できるが、制限は多い。

メンテナンスは見た目くらい。

僕がブログサービスに求める条件

1.運営母体がしっかりしている

せっかくブログを運営していても、ある日突然消滅したり、運営方針がコロコロ変わったりしたら大変です。

運営歴が長いところできな臭くないところを選びたいですね。

2.独自ドメインが使える

自分の活動のハブにするなら、ブログサービスが提供するURLでの運営はリスクが高いです。

自分のドメインがあれば、万が一の転居(ブログの移転)でも、同じ住所(URL・ドメイン)で運営できます。

レンタルURLの運営ではブログの移転してしまうと、PV(訪問者数)が0からのスタートになります。これは、めっちゃしんどい。

SNSの運営がうまい方ならあまり影響がないのでしょうが、カリスマ性のない凡人には死活問題なのです。

3.アフィリエイトが認められている

ブログ運営をするならアフィリエイトには取り組みたいところです。

だって、ブログ運営費が実質無料かそれ以上になるんですもの、

取り組まないわけにはいかないでしょう。

 

アフィリエイトは主に2種類あって

クリックされるだけで収益になるもの

代表的なのはGoogleAdsense

オンライン ビジネス - ウェブサイトの収益化 | Google AdSense – Google

商品やサービスが購入されると収益になるもの

代表的なのはA8.net

アフィリエイトなら【A8.net】

があります。

読むのに邪魔になるくらい広告があるのは鬱陶しいですが、無料ブログに貼ってある程度の広告はあって当たり前なんですから貼りましょうよ。

自分のサービスが無い場合は特に。

なぜかというと、広告を貼るということは読者の皆さんを意識することにつながるから。

アフィリエイトを貼る理由

無料ブログに自分の言いたいこと好き勝手に書くだけなら、よっぽどの天才でない限り何の進歩もないでしょう。

でも、自分でお金を払ってブログを運営して、収益になるような広告を貼るということは「読んでくれる人の役に立つ記事にしよう」という意識が生まれるきっかけになります。

「ずっと続けているのに全く収益がない」というブログ運営者の方にはその意識が全くないと思われます。

「そんなこと全く考えてないけど、ウハウハに儲かっているよ」

という人もいますが、それは「自分のいいたいこと」と「読者が知りたいこと」がマッチングしているからです。

それは運がいいか天才です。すごいね。おめでとう。

 

われわれ凡人はやっぱり

「誰かの役に立つ」ことを意識しない限り、PVや収益は伸びません。

言葉は違っても、検索上位を意識したり拡散を意識することは現在同義です。

誰かの役に立つコンテンツ・本当に知りたいことを探し出すことが、Google先生の目指すところだからです。

 

なので、広告のお世話になって「読者目線になるぞ」と思いましょう。

そうすれば、自分のブログの改善点がわかってきて徐々にPVや収益が伸びてきます。

4.ブログの更新が簡単 

僕の考えるブログサービスのメリットの一つに

「簡単に情報発信できる」ということが挙げられます。

僕は過去にHTMLでホームページをいくつか作ってきました。

自作のホームページはデザインやアプリの埋め込みなどの自由度は高いですが、更新作業が面倒です。

その点、ブログはいつでもどこでも更新できるのでとても便利です。

5.ある程度ブログのカスタマイズができる

せっかく情報発信しても、他の多くのブログに紛れ込んでしまっては意味がありません。

あなたにカリスマ性があるなら別ですが、僕のように凡人の場合 ブログのカスタマイズである程度個性を出した方が良いでしょう。

5つの条件を満たすブログサービス

1.インストール型Wordpress

 レンタルブログサービスと思わせておいて、なんなんですが

4.ブログの更新が簡単を除けば、現時点でインストール型のWordpressが最強でしょう。

Wordpressにもブログレンタルサービスがあります。

Wordpressを始めるには2つの方法がある。方向性が決まっていないならWordpress.comから始めよう。

でも、面倒なんです。メンテナンスが。

インストール型Wordpressは

自分でドメインとサーバーを用意して、

Wordpressをインストールして、

カスタマイズして、

定期的にサーバーとWordpressのメンテナンスをして・・・。

となります。

 

これがレンタル型ブログサービスなら

ドメインを用意して、ブログを書く。ちょいちょいカスタマイズする。

以上。でらくちんです。

2.はてなブログ

はてなブログ

僕が現在利用させてもらっているブログサービスです。

条件は文句なしです。

でも、有名どころのブロガーさんは突然アカウント停止させられています。

過度なアクセスと宣伝はまずそうです。僕は小物なので大丈夫。

・・・ではなくて、どのサービスも利用規約に触れるとダメです。

3.その他の候補にしたブログサービス

以下に挙げるブログサービスはいずれも、独自ドメイン対応でアフィリエイト可です。

※2017/7/26時点

ライブドアブログ

ホリエモンの一件からネイバーに買収されてLINEが生まれました。

まとめブログのような凄まじいPV数を受け止めるプランがあります。

NAVERまとめとか、もめごとが多い。

でも、僕は「はてな」か「ライブドア」かな。

FC2ブログ

アダルトに強いので、アダルトな内容を書くならココ。

運営者が見えないのと「逮捕」とか「わいせつ」とかきな臭い。

Seesaaブログ

昔からコツコツ続いている優良なブログサービス

JUGEM

もともと、家入さんのロリポップから始まったペパボ。

paperboy&co.創業記 VOL.1: ペパボ創業からバイアウトまで | STORYS.JP

今はGMOグループの傘下に。大手です。

So-netブログ

ソニーの子会社運営。

インデックス(Google先生の訪問)が早いことで有名。

トレンドブログを書くならココ。

忍者ブログ

その昔、アクセス解析と言えばここでした。

創業者がミュージシャンというところが好き。

「どのブログサービスがいいのか」まとめ

結局どこのブログサービスがいいの?

手間が惜しくない人はWordpressですが、初めての人には敷居が高いと思います。

なので、レンタルブログサービスを選ぶ訳です。

合う合わないがあると思うので、本当は上のサービス全て試してほしいです。

たいていのレンタルブログは無料プランがあって、

僕は15社のブログサービスを利用したことがあります。

2つに絞るなら、「はてな」か「ライブドア」ですね。