読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO FLIGHT,NO LIFE

ノマドフライヤータカのライフログ。

【感動】ぼくはその日「どうせむり」が無くなる瞬間に立ち会った。

こんにちは!

何度も泣きそうになった(ちょっと泣いた)タカさん(@takapiece)です。

 

ぼくの上半期、最も感動したエピソードです。

なにかやりたい事があるとき、やっぱり気持ちとか姿勢とかが大切ですよね~。

 

では、どうぞ。

 

2016年3月2日

ぼくの住む和歌山県にあの「どうせ無理をなくしたい」のTEDスピーチで有名な植松 努さんがやってくるという。


Hope invites | Tsutomu Uematsu | TEDxSapporo

 

ぼくは信じられない気がした。

 

 

自分のFacebookで「スティーブジョブスのスピーチより感動した」と動画を紹介したあの人が和歌山に来るとは・・・。


スティーブ・ジョブス スタンフォード大学卒業式辞 日本語字幕版

そして、和歌山に来ることとなったいきさつを知ると、ぼくはさらに感動を覚えずにはいられなかった。

 

ある、女子高生の物語

植松氏が和歌山で講演会を開くきっかけとなったのは、ある一人の女子高生です。

その女子高生とは・・・

実はぼくの知人のパン屋さんの娘さんで、名前はしほさん

tobira.socialstudy.biz

 

しほさんには以前自分の娘のことでお世話になったことがあって、パン屋の大将とともどもご縁を感じているのですが、今回のイベントはそのしほさんをきっかけに動き出したということが驚きでした。

 

彼女は植松氏の講演に参加した際

「ぜひ同年代の皆に植松氏の講演を聞いてもらいたい、いや、絶対に聴くべきだ」と強く思ったそうです。

そして、すぐその場で植松氏に講演依頼をしました。

情熱だけの講演依頼

最近の植松さんは多忙のため、めったに講演依頼を受けないそうですが、子供たちを応援したいという願いから講演を受けたそうです。

 

ただ講演の依頼をしてからが大変でした。

 

講演会の場所や講演費用のことはどうするのか?

スケジューリングやスタッフの手配は?

 

なにもかも初めてのことで、何もかも自分がやらなければならない。

彼女が掲げた目標は、学生たちによる学生たち自身のための講演会。

全てを自分たちで成し遂げようということです。

 

普通なら「どうせ無理」と言われることですが、彼女は「どうせ無理」が無くせることを自身で示したかったのです。

 

これが、金もコネもある大人なら簡単に段取りを済ませてしまうでしょう。

実際そんな講演会もあったそうです。

大人にあるものが何もない、あらゆる出来事が彼女には終わりがない道に見えました。

 

情熱だけが唯一の支えです。

講演費用は和歌山の企業・商店巡りをし協賛金を集めました。

講演場所は自分たちの通う高校に体育館を使わせてもらうことを頼み込み、混雑が予想されるので警察署にも依頼に行ったそうです。

どうせ無理とは誰も言わなかった

いや、実際にはいろいろ言われたんだと思いますよ。

 

彼女はあまりにも大変な日々の中、プレッシャーに押しつぶされそうになり何度もあきらめかけたそうです。

「もうむりだよ。。」「やめたい。。」

 

でも、身近な人は「どうせ無理」とは言わなかった。

 

彼女の4人の仲間たちが言った言葉は

 

「しほ、もっとぼくたちを頼ってよ!」

 

「どうせ無理」は「だったらこうしたら?」で消えてなくなる。と、強く思った。

 

講演会当日の舞台挨拶の時、実行委員会の皆さんが涙ながらにお互いを讃えあう姿を見て、彼女たちは今回のことでとても多くのことを学び、忘れられない思い出を手に入れた事を確信しました 。

 

もちろんこのような大きなイベントが子供たちだけの力で成し遂げられるはずもありません。そこには「彼女たちを支えてあげたいと願う大人たち」の懸命な努力もあったということです。

自分たちがメインになって肩代わりしてことを行うほうが簡単なはず。でも、そうはしなかった。彼女たちを尊重した関わり方をしました。

 

同年代の皆に夢や希望を与えるきっかけになりたい」という強い思いがあったからこそ、周りの大人から応援したいという気持ちがわき起こったのです。

 

結果、多くの学生ボランティアと学生の参加者、一般の参加者を集めた講演会は盛況のうちに幕を閉じました。

夕方から2時間あまり行われた講演会。この夜から、人生が変わった子供たちが必ずいると思います。

「どうせ無理」が沢山の「だったらこうしたら?」で無くなった夜でした。

 


植松 努 氏 ”どうせ無理”をなくしたい in Naga

 

「できない理由を考える時間があるなら、できる理由を考えたい」と思う。

 

 

TEDxWakayamaUniversity

さて、そんな大イベントを成功させた彼女は今どうなっているでしょう?

 

tedxwakayamauniversity.com

大学に進学した彼女は、なんと今度はTEDのスピーカーとして、晴れの舞台に立とうとしています!(^^

過去にはホリエモンを和歌山に招いた小幡和輝さんが企画参入した模様。

www.nagomiobata.com

TEDの正式ライセンスなんて・・・どんだけ大変なんだ?

 

開催日時:2016年6月19日
13:00-19:00

場所:和歌山大学T101教室

テーマ「Culture」

 

これまた「どうせ無理」が無くなる瞬間に出会えるということですね。

どんな話を聞かせてくれるんでしょうか?

非常に楽しみにしています。

 

・・・神様、どうかその日、ぼくにお休みをください・・・