NO FLIGHT,NO LIFE

もっと楽に、自分に優しく生きてみる

ヨシタケシンスケさんの絵本が売れるワケ

スポンサーリンク

 先日、家族で本屋に立ち寄ったところ、「ヨシタケシンスケ」さんの特集が組まれているスペースがありました。

僕はこの時初めてヨシタケシンスケさんの事を知ったんですが、いきなりファンになってしまいました。

手にしたのは

「このあと どうしちゃおう」

僕の好きな配色に、何とも言えない可愛い挿絵。

妻と、「なんか、いちいち可愛いな~~」と言いながら読み進めたあと、そのままレジに進んでいました。

どうしても、手元に置いておいておきたいと思ったからです。

ヨシタケシンスケさんの絵本が売れる理由

ヨシタケシンスケさんは雑誌LEEのインタビュー記事の中でこう語っている

絵本をつくるときにも大人が視野に入ってきてしまうし、逆に子供にしかわからないものはぼくにはわからない
引用:絵本界で異例の大ヒット!ヨシタケシンスケさん、その秘密は・・・ | LEE

ずっと大人向けの本や雑誌のイラストレーターをしていたので、どうすれば子供に届くかを考えながらも、どこかに大人の目線が入っているとのこと。

つまり

ヨシタケシンスケさんの絵本が売れるのは、

「大人の心に響く絵本だから」

だということ。

結局、絵本を買うのは大人だからね。

絵本の魅力ってなに?

僕は基本的に電子書籍で本を買う。

スマホやタブレットがあれば、いつでもどこでも本が読めるし、何百冊何千冊持っていようがどこにでも持っていける。

でも「どうしても紙じゃないとね」という本がある、それが絵本。

僕はこの本が電子書籍で出ていたとしても、やっぱり紙の本を買っていると思う。

多分両方買う。

なんか、かわいいペットみたいな気分。

画面の中じゃなくて、手に触れて感じたい。

 

僕の子供たちは みんな大きくなってしまったけれど、まだ小さな子供たちがいるお父さんお母さんなら、絵本は大切なコミニュケーションの道具となるしね。

ヨシタケシンスケさんの活躍と特集

ヨシタケシンスケさんは、MOEの「絵本屋さん大賞」を3回受賞。

2013年 『りんごかもしれない』(ヨシタケシンスケ/作 ブロンズ新社)
2014年 『へいわってすてきだね』(安里有生/詩 長谷川義史/絵 ブロンズ新社)
2015年 『りゆうがあります』(ヨシタケシンスケ/作 PHP研究所)
2016年 『もう ぬげない』(ヨシタケシンスケ/作 ブロンズ新社)
引用:MOE (雑誌) - Wikipedia

“こどもの本” 総選挙の挿絵を担当。

「小学生がえらぶ! “こどもの本” 総選挙」は、 今のこどもたちに1番支持される本を選び、 その結果をこどもたちと分かちあうことを目指します。
引用:“こどもの本” 総選挙|ポプラ社

LEEの特集

――はじめての絵本『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)が全国の書店で平積みとなり、その年の絵本賞を多数受賞したヨシタケシンスケさん。その後も出す絵本はすべて大ヒット、あっという間に人気絵本作家となりました。そのヒットの秘密は、どこにあるのでしょうか?
引用:絵本界で異例の大ヒット!ヨシタケシンスケさん、その秘密は・・・ | LEE

MOEの特集

絵本雑誌「MOE」の企画で、ヨシタケシンスケさんと 糸井重里の対談が実現しました。
引用:逃げつづけてきました。 - ほぼ日刊イトイ新聞

NHKの特集

「りんごかもしれない」「もう ぬげない」、人気作品は“ネガティブさ”から生まれた?絵本作家・ヨシタケシンスケさん
引用:NHKネットクラブ 番組詳細(NHKニュース おはよう日本)

絵本「このあと どうしちゃおう」

「このあと どうしちゃおう」のテーマは死です。

普通に取り上げたら、どうしても重くなってしまうテーマであるにもかかわらず、とても可愛く、とてもカジュアルに死が描かれています。

 

「このあと どうしちゃおう」は、おじいいちゃんが死んでしまった直後からお話が始まります。

おじいちゃんの部屋を片付けていたときに見つけた「このあと どうしちゃおう」と書かれた1冊のノート。

そこにはおじいいちゃんが死んだらどうなりたいか、どうしてほしいかが描かれています。

※とにかく、なにもかもカワユイ。

主人公の「ぼく」は楽しそうなノートを見て、自分も「このあと どうしちゃおう」ノートを作ろうとしますが・・・?

 

なぜこんなにも「死」が軽やかにとりあげられているのか?

 

その理由は、絵本についてくる「スペシャルブックレット」の中にあるインタビューで語られています。

死は茶化しちゃいけないっていうモードがあるけど、世の中ふざけながらじゃないと話し合えないこともたくさんある。この本で「あたらしいふざけ方、向きあい方の提案」ができたらいいな、と思っています。

僕が思う余裕のある世の中、豊かな世の中とは、どんなテーマでも「品のあるユーモア」で、きちんとふざけられる世の中のことだと思うのです。 

ヨシタケシンスケさんは、さらに

「世の中を面白がって見られるセンス」

 が、幸せに生きていけるカギだとして、子供たちに伝えていきたいと語っています。

世の中を面白がるセンス

僕も大抵の事は面白いと思うヒトなので、良くわかります。

お店なんかでイライラしていたり、怒鳴り散ら死てる人がいたりしますけど、いつも

「なんでそこまで怒るんだろう?」

って、思うんです。

「もっとこう考えたら楽しく過ごせるのになぁ」と。

 

最近も、飲食店に行って

  • まったく味のついていないチャンポンが出てきたり
  • サラダしか来てないのに「全ておそろいでしょうか?」って言われたり
  • 「下のレーンをご確認ください」って言われて「どこ?」と思ってたら、おじさんが手で運んで来たり

僕はそんなことが起こったら、

「めっちゃおもろいっ!!」

て感じます。

「こんなおもろいネタ最高」って。

 ザ・関西人なんでしょうねぇ。

 

ヨシタケシンスケさんは神奈川生まれなのに、GOODセンスですね。

僕と年代も似てるし、いかわいいもの好きだし、ちょっと強面wなところも似ている。

 

・・・僕も絵本描こうかな?

 

ヨシタケシンスケさんのカワユイ絵本