+ONE

人生を豊かにする+1

タカヒロのプロフィール

スポンサーリンク

タカヒロのプロフィール

こんにちは、タカヒロです。

 パラグライダーとカヌーのインストラクター業で暮らしています。

f:id:takapiece:20200428104139p:plain

https://www.instagram.com/takapiece/
アウトドアが好きで一日中外ですごせますが (*´▽`*)

インドアも一日中すごせます。家の中好きです (*´ω`*)

家族6人。細々と田舎暮らしです。

運営メディア

ブログ「 +ONE」と「とびんちゅメディア工房」を運営中。

+ONE

www.takapiece.com

自分の世界を広げてくれた

モノ・コト・ヒト

について自分が調べたことや、実践したことをシェアしています。

読んでくれた誰かの世界も+1広がってくれたら、うれしいです(*´▽`*)

とびんちゅメディア工房

dreamweaver.work

「自分や会社のメディアを立ち上げよう!」というブログです。

これからは個人・会社を問わず自身のメディアをもつ時代。

すでにSNSで情報発信している人は多いですが、もっとメディアを自分の人生に有効に生かせると思います。

そんなヒントになれば、うれしいです(^^♪

主なSNS

・Twitter

メインアカウントです。

結構、おもいつきでイロイロつぶやいてます。

 

・Instagram

www.instagram.com

筋トレアカウントです。

がんばってますw

 

・LINE@

友だち追加

 とりあえず、作りました。

ある日突然、メッセージが届くかも。

過去~現在のストーリー

ここから下は僕の過去~現在のストーリーです。

病弱でいじめられっ子だった過去

僕は子供のころ、両親が離婚したりアレルギー体質だったりで猛烈に暗い子供でした。

両親が離婚したのは4歳のころ。

父に引き取られた僕は、父親の実家や親せきにの家を行ったり来たりして転校を繰り返したり、苗字も何度か変わったりしていました。

最終的には、一人暮らしのおばあちゃん家に引き取られることに。

そこでは、

 

たまに現れる父の暴力に耐えたり、

学校の先生のいびりに耐えたり、

いじめっ子のいじめに耐えたり、

持病のぜんそくに耐えたりと、

ひたすら何かに耐えていました。

 

夜になると「明日が来なければいいのに」と思いながら眠りにつき、

朝になると「母親が自分を置いていく夢を見て」泣きながら目を覚ます

という毎日でした。

中学~高校で生気を取り戻す

中学に入ると環境が変わり、僕に暴力をふるうのは先生だけになりましたw

友達が増えて、自分でランニングをして体力をつけたりして、ごく普通の男の子に。

やはり、体を動かすというのは体はもちろん、心にもいい影響をあたえますね。

高校に入ると、勇気を出して演劇部に入ったり、友達と一緒に空手を習ったりと、積極的な男の子になれました。

大きな声を出すっていうのも、こころと体にいいです、ホント。

大学~社会人で道を見失う

家から一番近くにある大学に入りましたが、目的もなく入ってしまったため、ただただ授業をこなすだけの日々。

4年間をなんとなく過ごしてしまうことに。

大学を卒業後、近くにある職場に就職し、ごく普通に暮らし始めました。

ところが、最初の職場が6時に家を出て深夜2時に帰宅が続く毎日。

体力的にもつらかったですが、家族との会話がなくなるのがつらかった。

2年間耐えましたが、3年目。

とうとう耐えきれずに退職しました。

 

そこから、職を転々とすることに。

世の中はバブル崩壊直後。

職を代わるたびに、賃金の条件が厳しい環境になっていきました。

僕は再び、賃金を優先して必死に働きはじめるのですが・・・

急に倒れたり、胃潰瘍になったり、家族と電話で話をしていると、急に大声で泣き出してしまったり。

10年間頑張りましたが、最後には体はボロボロになり心がおかしくなってしまいました。

自分に問いかけてみる日々

結局、職もお金も無くし、最終的に家族まで失いかける羽目に。

「もう、死んでしまいたい」

「なにもかも、どうでもいい」

そんな考えが頭から離れない日々。

 

ひとりなら死んでいたかもしれないけれど、僕にはまだ家族がいました。

生きることにしました。

そして、「明日死ぬとしたら、どうしたい?」

って自分に問いかけてみました。

空を眺める日々

「自分はなにものでもないし、なにもない」

「ある意味、自由だな・・・」

 

そう考えると

・・・少しずつ・・・

生きる気力が湧いてきました。

 

それからしばらくして、まったく見たこともやったこともない

パラグライダー・インストラクターに挑戦することにしました。

 

パラグライダーを通じた空の世界。

そこには

老若男女、たくさんの生き方との出会いがありました。

 

空の仲間との出会いは

「俺の世界は本当に狭かったなぁ」

そう、気づかせてくれました。

 

今は・・・

「悩みなさそうだよね」

って言われる始末。

 

イヤ・・あるよ!

たぶん。(*´▽`*)

 
今はこんな感じなんで、10代~50代で現在進行形で思い悩んでいる人を見ると

「絶対なんとかなるから」

と声をかけたくなります。

 

悩みにとらわれているときって「それがすべて」って思ってしまう。

でも、自分の世界が広がれば、相対的に悩みは小さくなっていく。

子供のころの悩みがいつの間にか小さくなるように。

 

だから、悩みをなんとかしようとするより、自分の世界を広げた方がいい。

それは、「出会い」だと思う。

めっちゃくちゃしんどくて、どうでもいいと思うこともあるかもしれないけど、そんな時こそ身近な誰かと話す時。

そして、無理やり前を向く必要はないから、本音の自分と話をするのが一番だと思う。

なかなか難しいけどね。

 

ひとりでモヤモヤしてしまったら、メッセージください。

解決はできないかもだけど、まあ、いいか。

くらいにはなれるかも。

twitter.com