+ONE

人生を豊かにする+1

初めてのレンタルサーバーのおすすめを真剣に考えた

スポンサーリンク

f:id:takapiece:20200422132041p:plain

サーバー選びをめっちゃ考えた

タカヒロです。

ぼくは今

  • 会社でワードプレスサイトの作成と運営
  • 個人で「はてなブログ」サイトの運営

を行っています。

ブログの引っ越しに伴いレンタルサーバーを借りることになったので、改めてレンタルサーバーを真剣にえらびました。

「ワードプレスで個人のブログや会社のホームページを始めたい」

人向けに書いてます。

初めてのレンタルサーバー

1.レンタルサーバーを選びの考え方

レンタルサーバーとは、インターネットにある貸し土地です。

今回はそこにワードプレスという店を立てるというイメージで考えます。

 

ぼくが考える初めてのレンタルサーバーの条件は

  1. 安い
  2. 機能・性能が良い
  3. 生存率が高い

です。

説明の後、おすすめを書きます。

とばしてもOK。

1.安い

そりゃー、安いにこしたことないです。

最初の目安は月額300円~1000円です。

2.機能・性能が良い

中身(機能)、大事。

レンタルサーバーは

・ハード面

 サーバー自体の性能や機能

・ソフト面

 サーバー会社の提供するサービス

両方のバランスが大事です。

ハード

サーバーって要はコンピューターです。

CPUとメモリで基本性能が決まります。

CPUは基本的に

~コア、~メモリの数字が大きい方が性能が高いです。

良いサーバーは頻繁に最新モデルに更新されています。

次にハードディスク(記憶装置)です。

HDDよりSDDの方が読み書きが早いです。

ソフト

1.ワードプレスが簡単に運用できる
レンタルサーバーを借りてすることと言えば、普通ブログかホームページを運用することだと思います。そこで使われているのがワードプレス。

簡単に導入できる機能があるといいですね。

2.バックアップできる
どのレンタルサーバーでもバックアップ機能はありますが、

有料か無料(価格に含まれる)かの違いがあります。

3.ワードプレスのテスト環境がある
ワードプレスはファイルを変更すると「デザインがおかしくなった」ということが起こったります。サイトをコピーしてテストできたら安心ですね。

 「サイトをまるごとコピーして復元できるサービス」

そんなサービスがあります。snapup.jp

これは独立したサービスですが、サーバー自体で導入しているところがあります。

2.生存率が高い

IT業界は技術の進歩が早くて、競争も激しいです。

「いい感じのサービスができた」

と思っていても数が月後には消滅してたりします。

せっかく借りたレンタルサーバーが、数か月でサービス停止になったら悲しいですね。

長く続いているサービスが基本的に安心です。

2.おすすめレンタルサーバー

ということで、上記の考えに基づき選びました。

1.とにかく低価格で始めたい人

さくらのレンタルサーバー

「スタンダードプラン」

500円台で

  • データベース20個(ワードプレスサイト20個作れる)
  • 自動バックアップ
  • まるごとコピー機能

さくらポケット(オンラインストレージ機能)が使えるのも面白いです。

×なところ

  • 記憶装置がHDD
  • プラン変更ができない
ロリポップ

「ライトプラン」

  • 200円台からワードプレス運用ができる
  • プラン変更でステップアップできる

×なところ

  • 記憶装置がHDD
  • バックアップやまるごとコピーが有料

2.会社や個人でコストをかけて長く運用したい人

エックスサーバー 

X10プラン

いろいろなところでおすすめされていますが、やっぱり価格と性能のバランスがいい。

しかも利用者が多く情報が多いので、困ったときに解決しやすいです。

前にタカヒロが使っていた時は、無料ドメイン付きコースを使ってました。

プレゼントされたドメインが契約期間中無料になるコースでおとくでした。

※2020年4月も30日までキャンペーンやってます。

定期的に行っているので、要チェック。

×なところ

とくに思いつきません。

ホント価格くらい。っていうか、性能考えると安いと思う。

その他

ワードプレスの運営に特化するならwpXSpeed

 エックスサーバーと同じ運営元です。

とにかくワードプレスの表示速度にこだわったサーバー。

ワードプレスの運営に特化するなら選択肢。

アダルトサイトを運営したいならmixhost

mixhostはアダルトサイトOKらしいです。

SSDのLiteSpeedなんで早いですね。

ゴリゴリのアダルトサイト運営する人は、これ見てる人にはいないとおもうけど、恋愛系とかチャットルーム的なことを話題にするならいいのかも。

最終結論

エックスサーバー

迷ったらエックスサーバーですね。